So-net無料ブログ作成

③阪九フェリー「いずみ」デラックス和洋室 [旅行]

和洋室、好きなんです。寝るときはベット。起きている時はじゅうたん敷きに寝転んで寛ぐ。
中途半端な一等洋室などは案外寛げないのです。
アウトサイドの和洋室がリーズナブルで使い勝手がよくて一番いいと思います。

DSC_1425.JPGDSC_1427.JPG
さて、パブリックスペースから廊下を歩くと個室のドアが並んでいます。
ビジネスホテルと同じ雰囲気ですね。
鍵は、カードキーです。陸上での乗船手続きでカードキーを渡されますので
船内のフロントで受付をしなくてもよく、ダイレクトに部屋までいけます。かなり楽になりますね。

DSC_1432.JPG
室内は、とにかくシンプル。かつ、機能的でいいんじゃないでしょうか。
エアコンは細かく設定がすることができるので人それぞれの体調に合わせやすいと思います。

DSC_1430.JPGDSC_1438.JPG
今回は、デラックス和洋室(4P)が貸切料金不要でお得に利用することができました。
歯ブラシなどのアメニティは二人分の用意。
そのほかの設備として、使い捨てスリッパ、コップ、浴衣、阪九フェリー手ぬぐい、湯沸かし器など。
粉末タイプのほうじ茶が大量に…。コップが使いやすかった。
ベットが二つなので4人で利用するときは、普段はソファーになっているマットレスを利用するのでしょう。

DSC_1446.JPGDSC_1443.JPG
室内は、とにかく静か!新造船だから?とにかくフェリー独特の振動がほとんどありませんでした。
枕の高さがないのでバスタオルなどで調節するのがいいと思う。毛布もありません。
(車からクッションと毛布を持ち込みました。)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。