So-net無料ブログ作成

④阪九フェリー「いずみ」デラックス和室 [旅行]

新門司港からの帰り便は、「デラックス和室(3P)」を選びました。
旅の疲れを癒すのには、「和室」がいいですよ。室数は少ないようですが、洋室よりリラックスできます。
外国人の旅行客にも新鮮でいいはず!あっ!自分たちで布団を敷かないといけないのでNGか…。

DSC_1653.JPG
6階、左舷側にあります。鍵がカード式の扉です。
カードは、一日限り有効なので記念に持ち帰ることができます。

DSC_1655.JPGDSC_1656.JPG
DSC_1658.JPGDSC_1660.JPG
こちらの和室もシンプルですね。以前は、カーペットだった床も今回は、畳。
新造船だけあって、畳の匂いがぷんぷんです。この部屋は、まったく使用されていないようで
初めてのお客さんだったみたいです。ちょっとうれしい気分。
襖を閉めた状態は、落ち着いた雰囲気でよかったと思います。
ハブラシ、ヒゲソリ、石鹸、ヘアブラシなどがあり、お茶のセットと電気ポットが置いてあります。
ティッシュは、ポケットティシュがひとつのみ。自分で用意したほうがいいかもしれません。

DSC_1671.JPGDSC_1669.JPG
和室は、ほかの洋室とは違って、自分で寝床を作らなくてはいけません。
押入れに布団セットが3セット。和室は、定員3人。3人で使うとたぶん窮屈です。
クローゼットには3人分の救命胴衣、スリッパ、浴衣、阪九フェリータオルが置いてあります。
2人で使用しても3人分が標準なのだろうか?ちょっとお得気分。

DSC_1680.JPG
間接照明が、今風?テレビは、地上波は、ほとんど見れませんが、BSがずっと見れました。

DSC_1674.JPG
寝床完成図。2人の使用だと机を残して両隣に布団を敷けるのでバッチリですが、
3人の使用だと窮屈でしょうね。机は、折りたためると思います。
その後、布団の上に座り、宴会スタート…。
就寝時は、振動、騒音がないのでエアコンの音が耳に入ってきます。

DSC_1694.JPG
泉大津港は、もう近い。また、乗るぞ!!




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。